授産事業を通じ、一般社会に近い就業環境を提供することで利用者が働く意欲と歓びを感じ、社会に自立していく自信を深めることを目的としています。また、利用者一人一人の意思を尊重し、自立する力を身につけることを目的とし、個人の能力に応じた援助を提供します。さらにパン工房などの授産事業で作られた商品を販売するなど、利用者の地域貢献をとおし、地域社会の一員であることを実感できる施設運営を目指します。  
施設名:
 障がい者福祉サービス事業所 そらまめ作業所
 住所:〒547-0014大阪市平野区長吉川辺1-1-19
 電話:06-6708-6339 
 FAX:06-6706-8433

     拡大

 E-mail: mamebakery@shop.email.ne.jp

◇生活介護(定員20名)
  企業からの受注事業

◇就労継続B型(定員10名)
  パン製造・販売

 1991年10月小規模作業所として開所
 2005年1月通所授産施設として開所
企業からの委託作業が中心で2階・3階と大きく2つのグループに分かれて軽作業をしています。
普段大声を出したり、走り回っている元気の良い利用者さんも、黙々と仕事をする姿はとても輝いていて、障害が重くても働けるんだ!ということを実感しています
そらまめの特徴として、年齢の幅がとても広い事・障害の幅も広い事が上げられます。20代から60代・身体障害の方が多い為か、自然に相手の立場を思いやる事が、身に付いているようです。
この不景気で仕事も半減していますが、牛乳パックを使ったリサイクルの自主製品つくりに着手したところです。

そらまめ作業所の1階に、パン工房エピそらまめ川辺店があります。ここで働くなかまたちは、ハンディキャップはあるけれどみんな明るく元気一杯。

スタッフともども大部分が20代という若い集団が、毎日カンカンガクガクとやりあいながらも最後は和気あいあいという熱気の中で、働いています。

工房では、なかまたちやスタッフは「朝焼き」「手作り」「無添加」をモットーに、少しでもお客様の要望にお応えできるようなパンを作ろうと、お互いに協力しあいながら頑張っています。

なかまたちは自分たちが作ったパンをたくさんの人たちに味わってもらおうと、スタッフとともに張り切って毎日、販売や配達にも取り組んでいます

 
  パンの販売
パンの製造作業
パンの販売

土曜日の取組みは希望制にしていて調理実習・カラオケ・散歩(スポーツ)と主にこの3点からセレクト迷った末に2つを選んで半分ずつ参加する人もいます。

みんなで決めたメニューを調理して食べる、土曜日の給食はとても活気があって好評です。

仕事も遊びも元気いっぱい。生きる力みなぎるそらまめ作業所です。

施設名:
 障がい者福祉サービス事業所 アバそらまめ
 住所:大阪市住吉区長居東4-21-10

生活介護(定員7名)

アバはスペイン語で「そらまめ」のこと。2011年7月から始動しました。アットホームな雰囲気で、ゆったり過ごしています。

       

      
Copyright(C) Tsumugi Fukushikai All Rights Reserved.