ポンチセぴりかでは、一人ひとりの力を信じて、毎日の仕事に全力で取り組んでいます。どのグループも、お客様や会社から信頼される仕事をしよう!
みんなで力を合わせ、1+1が3にも4にもなるようにしよう!と。
また、キッズソーラン、和太鼓などの文化活動も、一人ひとりの生きる力を太く育てるために仕事と同じように大切であると考えて取り組んでいます。
スタッフたちは、作業や文化活動をとおして、責任感やチームワーク、仲間を思いやる心を育てています。そして、自分の将来に夢をもち、その実現を目指しています。
皆さん、小さな家の仲間たちのこれからを見守ってください。




  ◆ 南部なかまのスポーツ祭典(2018.9.3  
  ◆ 第14回つむぎまつり (2018.6.30)   
 ポンチセぴりかもちつき大会(2018.1.27)
 「チャレンジドふれあいフェスティバル」出演(2017.11.25)
南部なかまのスポーツ祭典 (2018.9.3)
  9月3日、南部なかまのスポーツ祭典がアミティー舞洲で行われました。
ポンチセぴりか、第二ぴりか作業所、ぴりか工場は白組でがんばりした。
最初の競技は全員参加のパン食い競争。大玉ころがしなど、新しく紙飛行機飛ばしもありました。昼食のあとはバレーボールやバスケットボールを楽しみました。午後は全て団体競技で紅白玉入れ、みんな力を合わせて頑張りました。なお、新しく職員によるリレーがあり優勝しました。
フィナーレは参加者全員で「タッチ」を踊って楽しい1日をすごしました。「また、来年会いましょう」で再会を誓い合いました。
 
選手宣誓 パン食い競争
大玉ころがし 大玉ころがし
お昼ごはん お昼ごはん
新競技の紙飛行機飛ばし 新競技の紙飛行機飛ばし
紅白玉入れ 紅白玉入れ
職員リレー 職員リレーのメンバー
ダンス「タッチ」 ダンス「タッチ」
 

第14回つむぎまつり (2018.6.30) 
  第14回つむぎまつりは6月30日に行われました。
つむぎジョイフルはお揃いのハッピを着て和太鼓を披露しました。とてもいい天気で暑い中でしたが、日頃の練習の成果を存分に発揮することができました。
 
 

「ぴりか・もちつき大会」(2018.1.27)
  1月27日天気は快晴、風もなく、ポンチセぴりか前の駐車場で「もちつき大会」が行いました。2年ぶりのこととあってみなさん楽しみにされていました。もち米をせいろに入れて蒸し、臼と杵でもちをつきました。前半は、職員がもちをついて、みんなでもちを丸めていましたが、後半は利用者さんも順番に杵を持ってもちをつきました。つきあがったおもちは「きなこもち」にしてみんなで食べました。とても美味しそうでした。
おみやげにみんなでついたおもちを持って帰りました。
 
「チャレンジドふれあいフェスティバル」に出演 (2017.11.25)
  11月25日に新梅田シティで行われた「チャレンジドふれあいフェスティバル」につむぎジョイフルが出演しました。  
 
Copyright(C) Tsumugi Fukushikai All Rights Reserved.