[閉じる]


生活介護

障がい者の社会参加、自立の促進、生活の改善、身体機能の維持向上などを目的としています。主な内容として、排泄の介護、衣服の着脱や食事の介助、軽作業のサポートや指導、対人関係や不安などの相談、余暇活動を一緒に楽しむなどがあります。また利用者の様子を記録、支援計画の作成、家族や他事業所との情報交換なども行います。

就労支援

企業等で働くことが困難な障害や難病のある方が、就労訓練として比較的簡単な作業を行っています。年齢に関係なく障害や体調に合わせて自分のペースで働き、就労に関する能力の向上を目的としています。

相談支援

障害のある人が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう自立した生活を支え、障害者の抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けてケアマネジメントによりきめ細かく支援を行います。

ヘルパー事業

障害を持つ人が外出する際に必要な支援・サポートを行います。主な内容として、交通機関の利用にあたっての介助、車椅子での介助、食事や排せつなどに必要な介助があります。入職後にガイドヘルパー資格の取得も可能です。

居宅(グループホーム)

障害を持った方が生活しているグループホームで、家事の支援や日常生活全般の援助を行います。主な内容として、食事・入浴・掃除・洗濯といった簡単な家事の支援や困りごとの相談などを行います。

[閉じる]